三井住友銀行 おまとめローン

三井住友銀行カードローンのメリット・デメリット

三井住友銀行カードローンは、最近テレビコマーシャルなどでもよく見かけるようになりました。日本のメガバンクの1つである、三井住友銀行のカードローンであり、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行と並び、その知名度とスペックは最高クラスのカードローンです。

 

ただ、三井住友銀行カードローンは多くのメリットがありますが、残念ながらデメリットも存在します。三井住友銀行カードローンの利用を考えている方は、これらのメリットデメリットを理解しておく必要が有ります。

 

三井住友銀行カードローンのメリット

三井住友銀行カードローンのメリットは、銀行カードローンならではの4.0%~14.5%というような低金利と、融資限度額は最大で800万円までという高額融資が可能な事です。

 

消費者金融は総量規制で、融資限度額は年収の3分の1以内になりますが、銀行カードローンは銀行法が適用されるので、総量規制の年収3分の1の規制がありません。ですから、審査に通れば年収に関係なく融資が受けられます。だからと言って審査が通りやすいという事はありませんので注意が必要です。

 

ただ、有名企業や公務員などで勤続年数が長い方や、属性が良い人は、総量規制がある消費者金融よりも総量規制対象外の銀行カードローンへ申込みした方が、多くの融資が受けられる可能性が高くなるのは事実です。

 

また、三井住友銀行カードローンは即日融資にも対応している、数少ない銀行カードローンです。三井住友銀行の最大のメリットと言えるのは、最短30分審査となっている点で、プロミスの保証審査も入れて最短30分の審査時間になるので、申込時間によっては即日融資が可能です。

 

審査時間以外でも、ローン契約機を利用すれば、即日カード発行が可能で、提携ATMを使って、カードで即日融資も可能となっています。しかも、提携ATMがすべて無料で使えるのも大きなメリットで、利用できるATMは三井住友銀行だけでなく、セブン銀行やローソンATM、イーネットATM、ゆうちょATMでも利用手数料が無料で借入れや返済が行えます。

 

銀行口座の開設が不要で、最短即日融資もできる銀行カードローンはそれだけで需要があると言えます。

 

借入希望額が300万円以下なら収入証明書類は不要

消費者金融の場合は、借入希望額が50万円を超える場合や、他社借入が有る場合はその借入残高との合計が100万円を超える場合、収入証明書類の提出を求められますが、三井住友銀行カードローンは、借入限度額300万円以内なら原則、収入証明書類が不要で申込が出来るという事です。

 

これは三井住友銀行カードローンの借入限度額が高くても借りられるメリットになっています。

 

銀行は総量規制に影響されないので、少しでも多くを借りたい時は銀行を選びます。その時に、収入証明書類が300万円以内まで不要という事は、審査の不安要素も軽減でき、手間も省けるのは大きなメリットで、特におまとめとして利用したい方にとっては、本人確認書類だけを用意すれば申込が出来るので、うってつけのカードローンと言えます。

 

三井住友銀行カードローンのデメリット

家計のやりくりを任されている専業主婦は「今月はピンチ!」ということもあり、三井住友銀行カードローンなら安心なので、キャッシングの利用を考える事もあると思います。しかし、専業主婦が借入れすることは出来るのかという事ですが、三井住友銀行カードローンは、残念な事に、専業主婦に対しての融資は行っていません

 

兼業主婦であれば、安定した収入があるのでどこへでも借入の申込は出来ますが、無職の専業主婦が申込めるところは限られてきます。

 

「三菱東京UFJ銀行カードローン」
実質年利 4.6%~14.6%
借り入れ限度額 最大500万円

三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」は年利4.6%~年14.6%、最大融資限度額は500万円まで、というカードローンで、専業主婦が申込めるのは融資限度額が30万円までという商品が用意されています。

 

 

「イオン銀行「カードローンBIG」
実質年利 3,8%~13,8%
借り入れ限度額 最大800万円

イオン銀行カードローンBIGは、年利3,8%~13,8%という低金利と、融資限度額は最大800万円まで、となっていて、金利の低さにおいても、業界で目を引く強みを発揮しています。「イオン銀行カードローンBIG」は専業主婦は50万円までの融資が受けられます。

 

 

「みずほ銀行カードローン」
実質年利 3,5%~14,0%
借り入れ限度額 最大1,000万円

メガバンクのみずほ銀行カードローンは、年利3,5%~14,0%、最大融資限度額は1,000万円と最高水準のカードローンで、みずほ銀行に口座のお持ちの方なら即日融資も可能です。

 

専業主婦が申込めるのは、資限度額が30万円までの商品で、他行の商品と比べると若干少な目ですが、一時的な借入れなら十分な融資限度額と言えるでしょう。

 

 

「ソニー銀行カードローン」
実質年利 2.5%〜13.8%
借り入れ限度額 最大800万円

 

ソニー銀行カードローンは、主婦に収入がなくても、ご主人に安定した収入があれば、申込が可能で、利用限度額は最大で50万円まで融資を受けることが出来ます。

 

3大メガバンクと呼ばれる、三菱東京UFJ銀行やみずほ銀行には専業主婦専用の商品が用意されており、主婦が利用できないのは三井住友銀行カードローンだけです。

 

キャッシング業界は、専業主婦専用のカードローンが増える傾向にあります。三井住友銀行カードローンから専業主婦専用の商品が出るのもそれほど、遠い事ではないかもしれません。